すみれ談話室

宝塚歌劇団への “パッション” をひたすら壁打ちするブログ。うちの贔屓は日本一。

花組「アルカンシェル」観てきました

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
前回のエントリは2月、THE戦の頃…🤣(THE戦、楽しかったなあ…円盤はよ…🙏)(下書きの中に書きかけのTHE戦感想とRRR感想があったけどそれはもう見なかったことに…)

2月から年度末にかけては仕事が怒涛の状況で、合間を無理くり縫って、THE戦、東京RRR、望海さんのHello、ハギー(萩原聖人さん)のGOODと通っておりました。
瀬央さんの巴里祭宙組の再開も発表され、忙しくも楽しい2月3月4月でした。(ねえ、巴里祭ってチケット取れるの????)

さておき、花組アルカンシェル」観てきました


6列目❣️サイコーの視界❣️舞台からの良い香りが届いていました。

ネガティブな感想をチラホラ見かけてたので正直不安な気持ちだったんだけど、普通にめっっっちゃ良くて拍子抜けしました。なんなん、めちゃくちゃ良いやん。何でもかんでも批判のお気持ち撒き散らすの良くないし、それに惑わされるのもよくないなと改めて思いました。

トップコンビ退団作品に相応しい、愛に溢れた素晴らしい作品だと思いました。レビュー愛、宝塚愛、花組愛、トップコンビ愛、そして我々ファンに向けられた愛。ファンとして、とても大切にしてもらってるなと思える素敵な公演でした。コロナ禍の鬱屈した状況を経たからこそ生まれた作品なのかも知れないなと思いました。

とにかく全っっっっっ部ほのかちゃんが説明してくれるので(笑)、めちゃくちゃ分かりやすい。そこは好みが分かれるかも。でもきっとれいちゃんまどかちゃんの退団公演なので、誰もおいてけぼりにしないよう、誰でも楽しめるようにって愛なんだろうなってわたしは受け止めました。劇中端々のめちゃくちゃ青臭いセリフを70になる御大小池修一郎おじいちゃんが書いてると思うと、なんか可愛くて笑顔になってしまう感じも楽しかったです。手を握って「熱い」「燃えてるのね」とか、青々しすぎてこっちが照れちゃうわ。れいちゃんとまどかちゃん、ところどころのナチュラルなお芝居も良かったな。カレカノ感がすごかった🤣
とにかく板上に人がたくさんいるのも良かった。生徒みんなを出してあげたいって愛だよなあ。侑輝大弥くんがたくさん観られて幸せでした。どこにいてもどんな時も目が引かれてしまう、大弥くん。表情の作り方がめちゃくちゃ好きなのと、長い腕を生かしたダイナミックなダンスがとても良い。もっともっと歌やお芝居も観たい。リーフィー楽しみにしてます。

そしてそして、フィナーレの男役群舞が!!!!!!もうエグいほどにバチクソカッコよくて、カッコよすぎて涙が出るという稀有な経験が出来ました。

ひとこちゃんの仕上がりがすごい

ひとこちゃんの仕上がりがすごい。大事なことなので2回書きました。バリバリに仕上がっている。もはや仕上がりすぎているくらいのひとこちゃんの隣に立つと美咲ちゃんが若干、垢抜けてなく感じてしまったけど(お化粧のせいかなぁ?鬘のせいかなぁ?)それはまあおいおい追いついていくことでしょう。歌はバッチリだもんね。ドンジュアン楽しみ。(美咲ちゃん、フィナーレではめっちゃ可愛かったので鬘のせいな気がする)

伝説の豚まん

ついに復活した伝説の豚まんも食べてきました。待ってた!待ってたよ!!!ふっかふかで美味しかった〜〜〜〜💕

吏希丸、これが伝説の豚まんだよ…

舞台「HiGH&LOW THE 戦国」ライビュ&ライブ配信あります!

ザ戦こと『戦国時代活劇 舞台「HiGH&LOW THE 戦国」』ライビュもライブ配信もあります、決定しております!!!
(なぜか宝塚公式が案内してくれないのでまとめました)


舞台「HiGH&LOW THE 戦国」千秋楽公演「ライブ配信

www.ldh-liveschedule.jp
2/25(日)千秋楽公演ライブ配信スペシャルカーテンコール実施

  • 配信日程:2024/2/25(日)12:00~上演終了まで(※見逃し配信なし)
  • 配信価格:¥4,180(税込)
  • 販売期間:2024/2/10(土)15:00~2/25(日)12:30まで
  • 配信プラットフォーム



舞台「HiGH&LOW THE 戦国」千秋楽公演「ライブビューイング」

liveviewing.jp

  • 日時:2024年2月25日(日)12:00開演(※スペシャルカーテンコールまで上映)
  • 会場:全国各地の映画館(※開場時間は映画館によって異なります)
  • 料金:4,500円(税込/全席指定)

チケットの購入はこちら
l-tike.com

瀬央さんとマイティが anan 2382号スペシャルエディションの表紙に!

1月24日発売予定のanan 2382号のスペシャルエディション表紙に宝塚歌劇団 専科の瀬央ゆりあさんと水美舞斗さんが登場!

なんとなんと、瀬央さんとマイティがananの表紙に!!!しかもこの最高ビジュアル!!!美しすぎる〜〜〜〜〜〜!!!さっそく予約したし発売が楽しみで仕方ない!

natalie.mu

水美と瀬央は2009年に95期生として宝塚歌劇団に入団した同期。2人は1月29日に東京・THEATER MILANO-Zaで開幕する戦国時代活劇「HiGH&LOW THE 戦国」に出演する。表紙には、サテン地の“とろみシャツ”を身に着けた2人が妖艶な視線を投げかける姿が収められた。また、中面では2ショットグラビアと対談、ソロカット・インタビューが12ページにわたって展開される。

対談では漫才コンビのような絶妙な掛け合いが繰り広げられ、ソロインタビューではそれぞれ、専科に異動した現在までの日々の振り返りや心境、「HiGH&LOW THE 戦国」への意気込みが語られている。また、お互いへの“愛があふれる”メッセージも掲載される。

  • 圧巻の麗し同期グラビア
  • 舞台『HiGH&LOW THE 戦国』への思いなどを語る
  • わちゃわちゃ同期対談
  • ソロカット
  • ソロインタビュー
  • 全12P

こんなのもう完全にオタクの息止めに来てないですか????(ありがとうございます🙏🙏🙏)
あと10日でハイロー戦国も始まるし!あーん楽しみ、早く観たい!早く村上吏希丸さんにお会いしたい…!瀬央さん!瀬央さんーーー!!!(錯乱)

www.high-low.jp

雪組「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル/フローズン・ホリディ」観てきました


超ハッピーミュージカル + ハッピークリスマス&ニューイヤー&雪組100周年のハッピーづくし祝祭ショーの二本立て公演でした!
まさに「生田&野口先生のハッピーセット」!!!(ロゼットのおまけ(?)もついてるし!!!)

ボイルドドイルなんとかかんとか

ドイル夫妻がとにかく可愛すぎる〜〜〜〜。あやちゃん(夢白あや)が本っっっ当にうまい。若干オーバーな気味なお芝居なのに全く嫌味がない、むしろめちゃくちゃ可愛い…コミカルとシリアスの緩急も素晴らしい。なんなんだあの芝居センス…。
歌声も艶やかでますます安定感増してるし、お芝居中の咲ちゃん(彩風咲奈)とのタンゴもめちゃくちゃ素敵だった…❤️本当にどこまで伸びるのこの子…?!
スターになるために生まれてきたような容姿に加え、この向上心…。ストイックな努力家なんだろうなというのはあの腹筋からして明白なんだけど…(シルクロード千夜一夜で夢白あやの腹筋しか見てなかった人、それはわたしです)

  • ひまりちゃん(野々花ひまり)マジ好き、ロティ良かった〜〜〜!!!ひまりちゃんはお芝居もダンスも大好きなんだけど、あの唯一無二の声…!!!
  • それにしてもカセキョー(華世京)の爆上げには驚いた。こんな出番の多い役+新公主演ってめちゃめちゃ大変だろうけどやり遂げて欲しいな✨がんばれ〜⛄️✨
  • しゃんたん(壮海はるま)も大活躍だったな〜🎶ジョー、可愛かった❤️新公はそらちゃん(和希そら)のお役の編集長‼️こちらもとても楽しみです。

フロホリ

  • あーさ(朝美絢)のサンタの本気のチャラさがすごかった。「これ、みんなが観たいあーさじゃん!!!」って素直に思いました。「みんなが観たい朝美絢」をやり抜く朝美絢のプロ根性。あーさは「朝美絢のプロ」なんだなと感動した。
  • そらちゃん(和希そら)の神父さんも、まあ本当にけしからん……あんなイケちらかした色気ダダ漏れの神父さん居ていいの???中詰手前くらいまでずっと神父さん衣装が続いてて、そろそろ違うそらちゃんも観たいな…って思ってたらキラッキラの白いお衣装で登場してのダンスソロ。こんなの号泣しちゃうじゃん〜〜〜〜、やだよ辞めないでよそらちゃん〜〜〜〜…。お隣の方もそらちゃんファンだった模様でめちゃくちゃ泣いてた。わかる、わかるよ…。辞めないで欲しすぎるんだけど、今のタカラジェンヌとして最高潮の時にフイってやめちゃうのがめちゃくちゃそらちゃんっぽくもある。
  • 「SNOW FLOWER WILL BLOOM」のあがちん(縣千)がめちゃくちゃ良かった…!わたしはあがちんのひたむきさ・素直さ・真面目さ・真摯さが本当に本当に好きなんだけど、この場面はあがちんの表現にそういうあがちんの良さがめちゃくちゃ詰まっていて最高に良かった…。ってかあがちんだけじゃなくこの場面本当に良かった…。団体賞候補では???
  • 終盤の咲ちゃんとそらちゃんの2人踊りもめちゃくちゃ良かった。この2人で踊ることはもう二度となくて、このキラッキラの瞬間って本当に刹那の輝きなんだなあ、って思うと涙が止まりませんでしたね…。

フロホリ、めちゃくちゃ贅沢を言うならクリスマスシーズンに観たかった…😂😂😂

2023年の友の会抽選当落を集計してみました

takarazuka.tokyo

2022年に引き続き、2023年も宝塚友の会の抽選当落を集計していたので結果を発表してみたいと思います。

前提条件



2023年当選割合まとめ🥳(カッコ内は前年分)

当選割合(総計):20%(28%)


  • 抽選カテゴリ別
    • 東宝1次:0%(11%)
    • 東宝2次:75%(90%)
    • ムラ1次:14%(0%)
    • ムラ2次:20%(-)
    • 外箱(関東):15%(30%)
    • 全ツ:17%(0%)

まとめ

東宝2次、去年の9割当選から若干下がってしまいましたが、これは1789が全落だったからかな?と思います。
7.5割当選な時点でかなりの高打率ではありますが、勝因はやはり「平日メインの申し込み」だと思います。(東宝より当たりやすいはずのムラは土日メインの申し込みの為、当選割合が低いです😂)
東宝1次は1回も当たらずでしたが、2次で1列目サイドとか2列目サイドとか10列目センターとかのほぼSSみたいな席を当ててくれたので良しとします。サンキュー友の会ちゃん!ズッ友だよ!
全ツ、関東は相変わらず厳しい…。

しかしながらやはり、宝塚友の会最大のメリットは「(がんばればほぼチケットが取れる)先行先着に参加できる」ところなので、コツコツ抽選に応募しつつ、先着でチケットをぶん取るゴリラスタイル🦍で2024年も頑張っていきましょう!

フェリエで公演ランチを食べたかった話

大劇場へ行くのは主に日帰りで、いつも時間に追われているためフェリエの「公演ランチ」を食べたことがなかったのです。行った時は毎回飛び込んでみてはいるものの、だいたい予約でいっぱいで。たまたま1度、幕間に入れて公演デザートは食べられたのですが、やっぱりせっかくなら公演ランチ食べてみたいですよね…❣️

kageki.hankyu.co.jp

この度、ネット予約が開始されたので「よっしゃやったるで…‼️」とチャレンジしたんですが無惨に敗退。というかネット予約枠めちゃくちゃ少ない…?ネット予約で負けてしまったことで猛烈に火がついてしまい、今回は絶対に公演ランチを食べるぞと気合いを入れて大劇場へ向かいました。

フェリエを予約する方法は上記のネット予約と、今まで通りの「10:00から店舗前で当日予約」があります。

インターネット予約の他、11時公演の幕間・終演後の予約を当日10時から店舗前で受け付けております。

当日並びについて

わたしは9:50くらいに到着して並びました。10〜15人目くらいだったと思います。予約受付が始まる10:00の時点では、わたしの後ろにもうかなり並んでいました。20人くらい?

予約の時点でメニューを決めます。メニューを決めたら伝票を受け取りレジにてお支払い。先払いです。
無事にマチネ終了後の大休憩時に公演ランチ(ヴィオレランチ)の予約を取ることが出来ました✌️やた〜〜〜〜〜❣️

ヴィオレランチ~HOSHI~ 2,650円
(宝塚友の会会員様は会員証の提示で2,450円)

公演にちなんだお料理が楽しめるセットメニュー。

・オードブル 「赤魚と小柱のタルタル ビーツのアクセント」
赤魚の昆布〆と小柱の魚介の味わいに、バジル風味のリゾーニが相性抜群。ビーツのソースと赤・黄・緑の付け合わせを添えて彩り豊かに仕上げました。
・メイン 「牛肉のソテーとカレー風味のレンズ豆」
レンズ豆と野菜をカレー風味に仕上げ、牛ロース肉と合わせました。チーズのソースが味わいをまろやかに。
・パン または ライス
・デザート 「紅茶のシフォンケーキ ヨーグルトソース」
シフォンケーキの上に乗せたグラノーラとドライフルーツが食感のアクセントに。さっぱりとした酸味のあるヨーグルトのソースで仕上げています。プレートには公演タイトルを添えて。
・お飲み物 コーヒー または 紅茶

スタッフさんはテキパキと受付してくれるのですが、まあけっこうな人数並んでいたので予約完了までぼちぼち時間はかかりました。
ソワレを観る場合、予約時に申告しておけます。ソワレに間に合うよう、サクサクとお料理を出してもらえます。

今ならオプションで「110周年記念のメイン料理」が選べる・追加できる(追加は1500円、変更は500円)ようになっていたので、せっかくだからと110周年記念の方に変更しました。お肉がとっても柔らかくてすごく美味しかったです❤️


《オプションメニュー》牛フィレ肉のソテー シャスールソース


オードブル「赤魚と小柱のタルタル ビーツのアクセント」


組マークの焼印が嬉しい❤️


デザート 「紅茶のシフォンケーキ ヨーグルトソース」

ランチの予約を済ませた後、せっかくだからとそのままフェリエに入店しモーニングをいただきました。
フレンチトースト美味しい!フルーツとオートミールのヨーグルトミニパフェもヘルシーで嬉しい❤️

今回、公演前と大休憩の限られた時間を全て予約と食事に注ぎ込んだので、殿堂を見に行く時間がなくなって悲しかったです😂💔次回は絶対に殿堂で1789を堪能するぞ〜❣️

買おうと思っていた萩の月もソワレの幕間にレビューショップに駆け込んだんですがもちろん既に売り切れていました😂💔大劇場着いたら即買うくらいの勢いが必要ですね😂😂😂

星組『RRR × TAKA"R"AZUKA ~√Bheem~』『VIOLETOPIA』観てきました(その1)

あけましておめでとうございます。

昨年はようやくコロナ規制も緩やかになり、宝塚的には本調子に戻っていく年・110周年に向かって盛り上がっていく年になるかと思っていましたが、色々と困難なことになってしまい本当に辛く、悲しく、大変でしたね…(文春と偏向報道・虚偽報道は絶対に許さないぞ)(トイレに行かせてもらえないからオムツしてるなんて、そんなわけないだろがアホか)

各種改善策に取り組む劇団の「スケジュール改革」にて、元日の予定だった初日の日程変更と、数公演が中止となってしまった星組公演ですが、幸いなことにスカイステージ貸切公演に当選したので観てきました。せっかくムラまで行くならとさらに一般でチケットをもぎ取ってマチソワです。

RRR × TAKA"R"AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)

演目が発表されてからそれはそれは楽しみにしていたRRR!
あのRRRの世界を一体どう"TAKA"R"AZUKA"にしてくるのかなと観るまではドキドキでしたが、結論から言うと大傑作でした…!!!ちゃんと宝塚なのに完全にRRR…!そもそも、まずあの3時間の超大作映画を1時間半の舞台作品に、最高におもしろくまとめているのが本当に本当にすごい。貴矢先生は間違いなく天才。

物語を破綻させずにシーンやエピソードを紡いでおり、分かりやすく丁寧、かつ熱くドラマティックでエモーショナルなストーリー展開で、原作ファンも、原作未見の宝塚ファンもどちらも楽しめる素晴らしい作品だと思います❣️もちろんばっさりカットされたエピソードもたくさんありますが、あくまでもこれは「RRR × TAKA"R"AZUKA 」なので。原作のコピーでなくて良いんです。だからと言って無茶な改変やイミフなオリジナル要素などはもちろんなくて、原作リスペクトをひしひしと感じました。冒頭の口タブラにはめちゃくちゃびっくりしました。それもやるんだ????やれちゃうんだ????って。ビームこっちゃん(礼真琴)とマッリ瑠璃花夏ちゃんのインド民謡歌唱も本当にすごくて2人の歌唱技術に度肝を抜かれ、美しいハーモニーにうっとりとしました。

ビジュアルや演技をめちゃくちゃ原作に寄せてるなーってところも多々。ビームが笑ってるような困ってるような表情でコクコク頷くやつとかほんとまんまで、こっちゃんの顔にビームのモジャモジャの髭が見えましたね…(幻覚)
ラーマの表情や立ち居振る舞いなんかも原作の雰囲気バッチリでとてもセクシーでカッコよかったです。(ラーマってめちゃくちゃセクシーですよね…???)


(以下、ネタバレも大いに含みますのでご注意ください)


ビームこっちゃんとラーマありちゃん(暁千星)が最高だったのはもう言わずもがななのですが、歌いながらナートゥ踊ってたのは流石の流石に度肝を抜かれました。(抜かれてばかりのわたしの度肝よ…)
ナートゥのダンス自体は宝塚バージョンとして振り付けされたものですが、「ナートゥといえばこれ!」の原作の振りはもちろん健在、サスペンダープレイもあって最高にテンションが上がりました❤️劇場内もものすごい手拍子で大盛り上がりでした⭐️

みんな気になっていた「ゴーンド族3人組はナートゥするのか?」は「する!」でしたね〜😀そりゃ、ぴーすけ(天華えま)・かのんちゃん(天飛華音)・つんつん(稀惺かずと)に踊らせないわけないよねぇ〜。

かのんちゃんの「全っっっっっ力ナートゥ」がもう可愛すぎて可愛すぎて、わたしは笑いながら泣きました。なんかもう本当にかのんちゃんがかのんちゃんすぎて涙が出てしまった(語彙が無)。この全力ナートゥがかのんちゃんの「ジャング」なんだなって。本当に胸を打つ全力さだったんです。天飛華音さん、ほんっとこういうとこだよね!!!おそろしい子!!!最高!!!

トップコンビがビームとジェニー役なのでラブロマンス要素強めなのかな?とかって想像してたんですが、まあそんなことはなかったですね😂ジェニーは映画版より説明セリフも心情セリフも出番も多いから、めちゃくちゃ立体的で血の通った女の子になっているなと感じました。ジェニーをただのビームの添え物でなく、一人の人間として成長を丁寧に描いていて本当によかった。

本作は本当に「魅力的・カッコよくて当然」なビームとラーマ以外の登場人物をめちゃくちゃ豊かに描けているなと思いましたし、それぞれの生徒の役作りも素晴らしかった。特にジェイク。
かりんちゃん(極美慎)ジェイクは恋のライバル的な要素を膨らませて存在感出して出番増やすんかな?とか想像してたけど、まさかの強火ジェニー担、しかも同担OKタイプ(笑)。ジェニーたんのモンペだった。めちゃくちゃかりんちゃんらしい、魅力的な人物に仕上がってたなあ。最高のコメディリリーフっぷりで、出てくるたびに笑いが起きてた上にいちいちカッコいい。映画ではただのクッッッッソイヤなヤツだったのに、本作ではほんっと憎めないしジェニーの婚約者としての余裕と度量の広さといいやつっぽさを感じさせてくれて、ビームとジェニーが結ばれないのもまあ納得かなという感じになってたなと思います。

あとわたしは密かにエッタラジェンダ(ラストの曲)で原作のようにラージャマウリ監督(役)をしれっと登場させるんじゃないかなと思ってたんですが、まあそんなことはなかったですね😂(2)
みきちぐさん(美稀千種)にエッタラジェンダの時だけラージャマウリ監督役させるんじゃないかと。みんなたちもそれ一瞬頭をよぎったよね?みきちぐさんはSINGERRRで大活躍でしたね。みきちぐさんのお歌たくさん聞けて嬉しかったな〜😆

FIRRRE、WATERRR、SINGERRRの"RRR"キャストたち、めちゃくちゃすごかったですね…歌もダンスもすごい熱量と技術で、迫力に圧倒されてしまった。
3チームの RRRキャストたちのおかげで舞台表現の厚み、深みが本当に本当にすごかったし伝わってくる感情や情報量がめちゃくちゃ多い!!!表現の大洪水や〜!!!
ラーマが纏う炎が見える、ビームを動かす水のうねりが見える、炎の渦にぶつかる水の飛沫が見えるんですよ。人力CGみたいな表現、本当にたまらん。舞台の醍醐味だわ〜。布や扇の使い方も本当に素晴らしかったです。すごいアイデアだったなぁ。

そして、メインロゴにも使われているRRRの印象的なモチーフ「繋いだ手」を重ねていく演出が熱すぎる!エモすぎる…!!!
2人の出会いのシーンで"あれ"が出てきた時はめちゃくちゃ滾ったし、その後、そんな2人の手を繋ぐものが手錠になってしまった時は、なんという運命…!って胸が張り裂けそうになりました。そして再び固く繋がれる手、こんなん泣いちゃうわぁ。

マジどの場面も組子総出ってレベルで板上に人がたくさん乗ってるのに加えて、舞台を花道の隅々まで広くダイナミックに使ってるので本当に目が足りなかった…!特に鞭打ち拷問のシーンは花道上手のゴーンド3人組のお芝居も観たいし、センターにいるこっちゃんありちゃんも観たいし、民衆役のみんなのお芝居も観たくてめちゃくちゃ忙しかったし、次からは「今日はここを観るぞ!」って決めておかないといけないなと思いました。

組子みんな大活躍してて本当に素晴らしかった。全員をたくさん出すぞ!っていう愛を強く感じました…。星組って、宝塚って本当に本当に最高だなあと改めて思いました。

その他

  • ワクワクとつげきどうぶつトラックをやってないので、アクタルとゴーンド3人組が謎の巨大肉をただ運搬してるのにウケてしまう。
  • 怪我が心配すぎるので肩車は一瞬たりとも絶対にやらないでと思ってたのでナシで助かった。サンキュータカヤ。

スカステ貸切はなんとSS6列目センター通路の真横というすごい席でした💖ありがとうスカステ、一生契約する、孫の代まで契約する

ソワレは2階から。ステージ全体を俯瞰で観れてこちらもまた最高でした。110周年記念チケットで嬉しい❤️

ここまでで3000字を超えてしまったのでVIOLETOPIAについてはまた別エントリに書き連ねたいと思います。
なぜならVIOLETOPIAもまた、大傑作だからです……

今回の公演、お芝居もショーも若い世代の先生たちがこんな大傑作ブチ上げてきてて新時代の幕開けを感じました。こうやって伝統を守りつつも超絶進化をしながら110周年続いてきてるんだ。宝塚は。